自社の会議室・レンタルスペース!メリットが多いのはどこ?

自社の会議室や空きスペースを効率的に利用してもらうための情報サイト

駅から近いほど利用頻度は高くなる!

例えば、皆さんの勤務先に会議室がいくつかあったとして、1日の稼働率はどのくらいになるでしょうか?
もし、その稼働していない時間を必要な方に貸し出しすることにより、今までになかった収益があがるとしたらどんな行動をされますか?

世の中には、プロジェクターなどの備品が揃っていない中小企業もまだまだ多く、貸し会議室の需要があるが現状です。
何もデッドスペースになっているのは貸し会議室だけに留まりません。

最近では、空いた部屋を貸したりするビジネスが成り立ったり、車を時間でシェアしたり、空いたものを有効活用するビジネスは空前のブームなのです。
また貸す側からしても、空いている時間を貸すわけですからメリットですし、借りる側からしても必要な時間だけ借りることができるのでWinWinの状態なのです。

また、自社の会議室にはプロジェクターやホワイドボードなどの設備が揃っていれば、それは付加価値があがりますし、わざわざ貸すために何か設備を揃えたり、塗装をし直したりという手間はありません。
そのままの状態で空いている時間を貸すだけなので特に手間暇はかからないのがメリットでしょう。

借りる側も皆で集まれる場所の確保が第一条件ですので、駅から近くて、必要な備品があり、収容人数を満たす空間さえあればそれでいいのです。
時代と共に、より多様化する働く環境に伴い、打ち合わせ1つにしても、さまざまな形態で行うようになってくるでしょう。

今後ますます空きの会議室などを貸し出すビジネスが活発化してくるはずです。

デッドスペースを有効活用するのが当たり前の時代が到来!

会議室やレンタルスペースはさまざまな用途で利用されるようになってきています。 大規模な人数になるような入社式や就職セミナーなどに利用される場合もあれば、社内研修後に、そのまま懇親会など開催するような場合もあるでしょう。 さまざまな人が利用する貸し会議室は、やはり駅から近いことが第一条件になります。

どんな目的でレンタルスペースを借りるのか?

最近では、会議室などは研修会などで使うだけではなく、ママ友のランチ会や趣味の習い事など、ビジネスだけではなく余暇や趣味を楽しむ場所として提供されるようにもなってきました。 そのため、どういう目的で借りるのかにより、どういうレンタルスペースを借りたらいいのか、条件が変わってくるのです。

一番人気の条件は利便性があるかどうか?

さまざまな人がそれぞれの目的で利用するレンタルスペース。 そうなると、やはり電車やバスなどの駅から近い方がより利便性が高くなります。 大きなセミナーなどを開催する場合も「○○駅から徒歩〇分」と書かれているのを目にしたことがあるかと思います。 駅から近いという立地条件は重要ポイントなのです。