デッドスペースを有効活用するのが当たり前の時代が到来!

シェアリングエコノミーは世界でもブーム!

「シェアリングエコノミー」は今、世界でも注目されているビジネスになります。
インターネットを介して、デッドスペースなど他の人が所有している有効資産を利用したい人に提供するというビジネスです。
また、有効資産に該当するものとしては、「スペース」「モノ」「知識」「スキル」などになります。

「シェアリングエコノミー」は、それらを必要な人が必要な分だけ利用できる新しい形の経済活動のことです。
日本では徐々に広がりつつありますが、世界に目を向けると日本よりはるかに進歩しており、市場規模はサービスを提供する側として年間で2兆円を超えるほどのシェアになっているのです。

またサービスを受ける側としても1兆円以上とも言われており、今後ますます世界中が注目するビジネスと言えるでしょう。


シェアが拡大している背景とは?

世界でも急成長を遂げている「シェアリングエコノミー」活動ですが、日本においても拡大傾向にあります。
会議室の空きスペースを提供することに限りません。
最近話題となっている民間の宿泊施設など、空きがあって、それを利用したい人がいた場合は、それだけでビジネスが成立します。
なぜこれほどまでに空きスペースがビジネス化してしまったのでしょうか。

その理由の1つは、インターネットやスマホの普及で、どこにいてもサクサクと空いている空間を利用できる環境が整ってきたということでしょう。
場所や時間を選ばすに、自分の好きな時に予約できる環境が整ってきたという時代背景が大きく影響をもたらしています。

いろいろなサービスの多様化で手軽に開いているスペースを利用できる時代になったのです。


自社の会議室や空きスペースを効率的に利用してもらうための情報サイト

この記事をシェアする