どんな目的でレンタルスペースを借りるのか?

空きスペースはなんと50種類以上もある?

では実際に空いた会議室以外でどのようなものが有効活用されているのでしょうか?
会社の会議室や、駐車場など空いたスペースを貸すことができ、借りる側としても必要な分だけ借りることができるので、お互い無駄が省けます。
まさしく「エコ」で賢い利用方法です。

近年では、空き部屋などの泊まれる場所や自転車、タクシーなど明らかに目に見えるものから、専門分野ともいえる語学や掃除やビジネスなど形としては表現できないようなものまで、有効活用されているのが現状です。
私たちがまだ知らないものもたくさんあり、なんと世界では50種類以上とも言われています。

実に今空いているという状態を逆手にとって、その状況をビジネスにすることにより、今まで何も役立っていなかったスペースでお金を稼ぐことができるようになるのです。

空いている会議室を有効活用するメリット?

それでは、自社の空いている会議室を有効活用するメリットは何なのでしょうか?

今まで空いているスペースは、特に社員が利用しなければただの空きスペースでしたが、貸すことによってお金を稼いでくれる資産になるのです。
プロジェクターやホワイドボードなど備品が揃っている会議室は価値もあがり、単価もあがるので魅力的です。

また他にもメリットはあります。
例えば、社外の方が自社の空きスペースを利用していただいた際には、自社の存在を広く知ってもらえるという宣伝にもなるわけです。

興味をもっていただければ、どんな事業をしているのか、売上があるのか、実際にホームページを訪れてくれる場合もあるでしょう。
そこから、口コミなどで新規顧客の獲得のきっかけになる場合もあります。

またリピートしてくださるお客様も増える可能性も。
まずは、自社を知ってくれる、というスタートラインに立つことができることは非常に大きなメリットでもあります。


自社の会議室や空きスペースを効率的に利用してもらうための情報サイト

この記事をシェアする